「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

株式会社フジテレビジョンは11月10日、同社が運営するチケット販売サイト「フジテレビダイレクト」で不正ログインが発生し、個人情報が第三者によって閲覧、改ざんされたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社フジテレビジョンは11月10日、同社が運営するチケット販売サイト「フジテレビダイレクト」で不正ログインが発生し、個人情報が第三者によって閲覧、改ざんされたことが判明したと発表した。

これは11月7日20:00~11月9日8:30頃にかけて、外部で不正に取得されたと思われるIDとパスワードを使用したリスト型攻撃と見られる不正アクセスがあり、断続的に「なりすまし」による不正ログイン、チケットの不正購入が行われていたことが確認されたというもの。

不正ログインの可能性がある会員数は181件で、うち登録情報を第三者に閲覧され個人情報を改ざんされた会員は76件、うちチケットの不正購入が行われた可能性のある件数は12件とのこと。

なお閲覧された可能性のある個人情報は氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・秘密の質問・質問の答えで、クレジットカード情報については一部表示のため漏えいはないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×