「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社フジテレビジョンは11月10日、同社が運営するチケット販売サイト「フジテレビダイレクト」で不正ログインが発生し、個人情報が第三者によって閲覧、改ざんされたことが判明したと発表した。

これは11月7日20:00~11月9日8:30頃にかけて、外部で不正に取得されたと思われるIDとパスワードを使用したリスト型攻撃と見られる不正アクセスがあり、断続的に「なりすまし」による不正ログイン、チケットの不正購入が行われていたことが確認されたというもの。

不正ログインの可能性がある会員数は181件で、うち登録情報を第三者に閲覧され個人情報を改ざんされた会員は76件、うちチケットの不正購入が行われた可能性のある件数は12件とのこと。

なお閲覧された可能性のある個人情報は氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・秘密の質問・質問の答えで、クレジットカード情報については一部表示のため漏えいはないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×