グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

セキュリティベンダやSIerで働く技術者が、グローバル・プロフェッショナル・ファームで活躍するための条件を考える。

特集 特集
EYは、世界4大会計事務所のひとつに挙げられるグローバル・プロフェッショナル・ファームでハイレベルなサイバーセキュリティサービスを提供している。
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(EYACC)でサイバーセキュリティを中心としたアドバイザリー業務を担当するシニアマネージャー岡田成晃氏と森島直人氏は、個性的な経歴の持ち主である。

本稿では、この2人がどんなキャリアを経て、何を求めてEYACCに転職したのか、そこで求められた資質や得た経験について話を聞くことで、現在セキュリティベンダやSIerで働く技術者が、グローバル・プロフェッショナル・ファームで活躍するための条件を考える。


●EYACCとはこんな会社

EYACCは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(Ernst & Young:EY)の日本におけるメンバーファームである。EYの歴史は古く、その源流は1900年代まで遡ることができる。その後、多くの合併をくり返して成長し、現在では世界4大会計事務所のひとつとして知られている。

EYのヘッドクオーターはロンドンにあり、世界150カ国に展開、247,570人(2017年6月30日現在)のスタッフを擁している。EYでは、各国のメンバーファームを「アシュアランス(監査・保証)」「トランザクション」「タックス(税務)」「アドバイザリー」の4つのサービスラインに展開している。また、各国で組織構造をほぼ同一にすることで、縦だけでなく横の連携や展開を容易にしている。例えば、サイバーセキュリティであれば、アドバイザリー>リスク>サイバーセキュリティといった世界全地域共通の組織となっており、これによる強固なグローバル連携を強みとしている。

多くのグローバル企業が日本をAPAC(アジア太平洋地域)の一部と位置づけるが、EYは日本を独立したエリアと位置づけており、EYのグローバル戦略推進で高いプレゼンスを持つ。EYACCは、日本でのアドバイザリーを担当するメンバーファームだが、それはすなわち、ジャパンエリアでアドバイザリーを担当するメンバーファームであることを意味するのだ。なお、ジャパンエリアのアシュアランス(監査・保証)は新日本有限責任監査法人、トランザクションはEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、タックス(税務)はEY税理士法人がそれぞれ担当しており、EYACCと併せてジャパンエリア全体で7,927人 (2017年6月30日現在)のプロフェッショナルが働いている。

●ふたりの経験とキャリア

――まずは、お二人の経歴とEYに入ったきっかけを教えてください。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×