Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

NTTデータ先端技術株式会社は10月4日、Apache Tomcatに含まれる脆弱性(CVE-2017-12617)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、2017年9月21日にJason Shepherd氏によって報告されたもので、HTTPリクエストのPUTメソッドの入力値の検証が不十分であることに起因する。この脆弱性が悪用されると、Apache Tomcatに含まれるリモートからの任意のファイルアップロードが行われる可能性がある。

この脆弱性の再現性について、同社の鈴木涼太氏が検証を行った。検証は、CentOS 7.0 64bit上のDocker 1.12.6-32(Tomcat 7.0.81.0)をターゲットシステムとして実施した。サーバ上で実行したいjavaコードを記述したjspファイルをあらかじめ作成しておき、攻撃コードとなるHTTPリクエストを用いて、作成したファイルを攻撃対象サーバへアップロードすることで、ファイル内に記述された任意のJavaコードを攻撃対象サーバ上で実行できるかを試した。検証の結果、宛先サーバー上で任意に指定したjspファイルの配置に成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×