エンドポイントセキュリティをクラウドおよび仮想アプライアンスで提供(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

エンドポイントセキュリティをクラウドおよび仮想アプライアンスで提供(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、同社のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションに、新たにクラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は6月20日、同社のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションに、新たにクラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態を発表した。2017年第3四半期までに世界中で提供を開始する予定。これにより同社は、セキュリティの簡素化、統合化、自動化を実現するインテリジェンス主導型のエンドポイント・プロテクション・プラットフォーム(EPP)の提供を目指す。

クラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態では、アンチウイルス(AV)機能の搭載と、復旧機能の追加を第3四半期に実施するほか、Linuxサポートを追加し、macOSとWindowsを含むすべての主要コンピュータ・プラットフォームに対応する。また同社は、データサイエンスと人工知能(AI)リサーチに基づき、セキュリティ運用の簡略化に向けた継続的な投資を行っていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×