セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、2019年には5,570億円に(富士経済) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、2019年には5,570億円に(富士経済)

富士経済は、セキュリティ関連の主要な機器・システム/サービスの市場について調査した報告書「2016 セキュリティ関連市場の将来展望」を発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士経済は2月14日、セキュリティ関連の主要な機器・システム/サービスの市場について調査した報告書「2016 セキュリティ関連市場の将来展望」を発売した。書籍版、PDF版ともに120,000円(税抜)。同報告書は、監視カメラシステム分野、アクセスコントロール分野、イベント監視/通報関連機器分野、自動車分野、家庭向け機器/サービス分野、災害・防災関連機器/サービス分野30品目の市場動向をまとめたもの。画像解析やクラウド/ネットワーク、ロボットなど進化する技術とそれにともなう製品開発、サービスの変化についても分析している。

報告書によると、2019年国内市場予測(2015年比)は、セキュリティ関連機器・システム/サービスが首都圏再開発需要や大規模災害・凶悪犯罪・テロ対策需要増加により市場が拡大し、5,570億円(23.7%増)。監視カメラは画像解析やAIを利用したサービスの提供など、新たな市場が本格化し、496億円(25.6%増)。バイオメトリクス(顔認証)は東京五輪の開催やマイナンバー制度の開始による管理強化需要増で急拡大し、17億円(4.2倍)になるとみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×