[セキュリティ ホットトピック] 「第四次産業革命」に向けた個人情報のあり方、経産省検討開始 | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

[セキュリティ ホットトピック] 「第四次産業革命」に向けた個人情報のあり方、経産省検討開始

この背景には、「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」(略して「GAFA」)という海外の強力なプラットフォーム企業群が、スマートフォンを含むデジタル市場で、強力で支配的な地位を確立している現状があります。

特集 コラム
経済産業省は9月15日、「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会」が取りまとめた報告書を公表しました。

工業で蒸気機関を使い始めた「第一次産業革命」、電気を使った大量生産による「第二次産業革命」、コンピュータを活用しだした「第三次産業革命」に続き、IoTやAI、ビッグデータの活用が引き起こすのが「第四次産業革命」(インダストリー4.0)です。もともとは、ドイツが2012年より提唱した概念でしたが、日本政府も「日本再興戦略2016」で言及しており、実現への期待が高まりつつあります。

《冨岡 晶》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×