[セキュリティ ホットトピック] 今年も2月1日~3月18日は「サイバーセキュリティ月間」、イベントやタイアップ企画が多数登場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

[セキュリティ ホットトピック] 今年も2月1日~3月18日は「サイバーセキュリティ月間」、イベントやタイアップ企画が多数登場

特集 コラム

今年も、2月1日~3月18日に「サイバーセキュリティ月間」が、日本政府により実施されます。

「サイバーセキュリティ月間」は、サイバーセキュリティに関する普及啓発強化のために政府が設けているもので、期間中は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が中心となって、政府機関をはじめ、産学官民のさまざまな組織と連携。重点的かつ効果的にサイバーセキュリティに対する取り組みを推進します。

月間と呼称しつつ、「2月1日~2月末日」ではなく「2月1日~3月18日」と、やや変則的な日程になっているのは、「3・18=サイバー」の語呂合わせが由来です。2010年に「情報セキュリティ月間」としてスタートしたときは2月いっぱいでしたが、2015年に「サイバーセキュリティ月間」と名称を変更するとともに、3月18日が最終日に変更されました。

今年のキャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」。恒例のタイアップは、TVアニメ「BEATLESS ビートレス」と行っています。同作はソーシャルエンジニアリングに通じる「アナログハック」という考えをテーマにした、近未来SF作品です。また、2月1日に開催されたキックオフサミットでは、メディアアーティストにして筑波大学准教授・学長補佐である落合陽一氏が基調講演を行い、その様子がニコニコ生放送でライブ中継されました。

《冨岡 晶》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×