BINDの脆弱性を悪用するツールにより、サーバを停止させるアクセスを観測(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

BINDの脆弱性を悪用するツールにより、サーバを停止させるアクセスを観測(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて「BIND の脆弱性(CVE-2016-2776)を標的とした無差別な攻撃活動の観測」について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は10月5日、@policeにおいて「BIND の脆弱性(CVE-2016-2776)を標的とした無差別な攻撃活動の観測」について発表した。これは、DNSサーバソフトである「BIND」の開発元が9月27日に公表した深刻な脆弱性を標的とする攻撃を、同庁の定点観測システムが観測したというもの。この脆弱性は、細工したDNSリクエストを送信するだけでBINDを異常終了させ、DNSサーバを動作停止させることが可能であるとされている。

また、日本国内の複数の組織から、脆弱性の情報とともにインターネット上に同脆弱性を悪用する攻撃ツールが公開されている旨の注意喚起が順次公表されている。今回観測されたアクセスは、宛先ポート53/UDPに対して細工されたDNSリクエストを送信するもので、そのリクエスト内容は、インターネット上に公開されている攻撃ツールを動作させた際に送信される内容と酷似していたという。同庁では、BINDによりDNSサーバを運用している管理者に対し、バージョンの確認と最新バージョンへのアップデートを呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×