BINDの脆弱性を悪用するツールにより、サーバを停止させるアクセスを観測(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

BINDの脆弱性を悪用するツールにより、サーバを停止させるアクセスを観測(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて「BIND の脆弱性(CVE-2016-2776)を標的とした無差別な攻撃活動の観測」について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は10月5日、@policeにおいて「BIND の脆弱性(CVE-2016-2776)を標的とした無差別な攻撃活動の観測」について発表した。これは、DNSサーバソフトである「BIND」の開発元が9月27日に公表した深刻な脆弱性を標的とする攻撃を、同庁の定点観測システムが観測したというもの。この脆弱性は、細工したDNSリクエストを送信するだけでBINDを異常終了させ、DNSサーバを動作停止させることが可能であるとされている。

また、日本国内の複数の組織から、脆弱性の情報とともにインターネット上に同脆弱性を悪用する攻撃ツールが公開されている旨の注意喚起が順次公表されている。今回観測されたアクセスは、宛先ポート53/UDPに対して細工されたDNSリクエストを送信するもので、そのリクエスト内容は、インターネット上に公開されている攻撃ツールを動作させた際に送信される内容と酷似していたという。同庁では、BINDによりDNSサーバを運用している管理者に対し、バージョンの確認と最新バージョンへのアップデートを呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×