CD音源ファイル公開していた利用者の情報を開示するようISPに命じる判決(RIAJ) | ScanNetSecurity
2021.04.11(日)

CD音源ファイル公開していた利用者の情報を開示するようISPに命じる判決(RIAJ)

RIAJは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)5社に対する発信者情報開示請求訴訟の判決について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
一般社団法人 日本レコード協会(RIAJ)は9月7日、インターネットサービスプロバイダ(ISP)5社に対する発信者情報開示請求訴訟の判決について発表した。これは、同協会会員レコード会社が権利を有する市販音楽CD音源を、ファイル共有ソフト「Cabos」を利用してインターネット上で違法にアップロード(公開)していた10名の行為が各レコード会社の著作隣接権(送信可能化権)を侵害しているとして、損害賠償請求等を行うため、該当者の氏名、住所およびメールアドレスの情報開示を求めていたもの。

しかし、ISP5社が発信者情報の任意開示に応じなかったため、2016年3月より各地方裁判所に発信者情報開示請求訴訟を提起していた。東京地裁および名古屋地裁は8月、各ISPに対し、利用者10名の発信者情報を会員レコード会社に開示するよう命じる判決を下した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×