NAS用OS「QNAP QTS」におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(ラック) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

NAS用OS「QNAP QTS」におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(ラック)

ラックは、「QNAP QTS」におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性についてセキュリティ情報を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社ラックは6月27日、「QNAP QTS」におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性についてセキュリティ情報を公開した。「QTS」は、QNAP Systems, Inc.が提供するTurbo NAS用のOS。脆弱性が存在するのは「QTS 4.2.0より前のバージョン」。

この脆弱性によって、QTSが動作する、QNAP社製SOHO NASなどで特定のURLにアクセスした場合に、ユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。ラックでは脅威度を「中」としている。なお、開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアを最新版へアップデートすることで、本脆弱性を解消できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×