少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は12月16日、Slow HTTP DoS Attackの可能性が疑われる攻撃事例を把握したとして、「@police」において注意喚起を発表した。この攻撃はSlow Client AttackあるいはSlow Rate Attackとも呼ばれ、共通の特徴を持つ複数のDoS攻撃手法の総称となっている。大量のパケットを攻撃対象に送る一般的なDoS攻撃とは異なり、比較的少ないパケット数で長時間に渡ってTCPセッションが継続するよう操作することにより、WebサーバのTCPセッションを占有、正規のサイト閲覧者がアクセスできないように妨害を行う。

Slow HTTP DoS Attackは、継続時間の延長を試みる通信の対象により、さらに「Slow HTTP Headers Attack」「Slow HTTP POST Attack」「Slow Read DoS Attack」の3種類に分類される。インターネット上には、これらの攻撃手法を実装した攻撃ツールが複数公開されており、誰でも容易に攻撃を行える状況になっている。しかも、少人数でも攻撃対象に深刻な影響を与えることができる。同庁では、運用実態も考慮した上で、必要に応じてSlow HTTP DoS Attackへの対策を検討するよう提案している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×