家庭用ルータも影響を受けるPPTPサーバなどに対するアクセスが増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2019.11.13(水)

家庭用ルータも影響を受けるPPTPサーバなどに対するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2015年10月期の「インターネット観測結果等」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は11月11日、@policeにおいて2015年10月期の「インターネット観測結果等」を発表した。10月期では、「PPTPサーバへの不正侵入が目的と考えられる1723/TCP に対するアクセスが増加」「Portmap やRIPv1 を悪用するリフレクター攻撃の踏み台を探索するアクセスが高水準で推移」「22/TCP 以外の宛先ポートに対するSSH サービスの探索が高水準で推移」の3つをトピックに挙げている。

1723/TCPは、PPTPサーバとPPTPクライアント間でVPN接続を行う際に使用されるポート。このポートに対するアクセス件数が9月から増加し、10月には倍近くになっている。観測したアクセスの内容を確認したところ、その多くがPPTPサーバへの接続要求であったことから、攻撃者がインターネットに接続されたPPTP サーバを探索し、セキュリティが脆弱なサーバに対して不正侵入を試みる目的があるものと考えられるとしている。このため、VPNを使用する企業はもちろん、過程などで使用されるブロードバンドルータにもPPTPサーバ機能が実装された製品が多いことから、対策を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×