工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第23回「謎解き」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.24(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第23回「謎解き」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

「犯人はなにかのきっかけで、山内の秘密を知った。利口だったのは、山内を脅さなかったことだ。代わりに吹田さんの隠し口座から金を盗む計画に組み込んだ。山内に、怪しい送金のことを尋ねれば、自分がやったとは言わないだろ。改竄事件の犯人に罪をなすりつけるに違いない」

「待ってください。でも、私が工藤さんか真田さんに電話すれば、ニセモノだったってわかりますよね?」

片山が尋ねた。

「別にニセモノだってわかっても、誰だかわからなきゃ問題ない。それに、そもそもオレと真田が、まともにあんたの話を聞かない可能性だってある。普通なら、仕事は断ったはずだと言って電話を切ってたと思う。ニセモノも、仕事を引き受けたわけじゃないと念押ししてたんだろ? それはオレたちがそう言って断るかもしれないと思っていたからだ」

「待て! まだおかしいことがある。山内がその日、送金するなんてなぜわかるんだ? 送金の日でないとこの罠は成り立たないだろ」吹田が大きな声を出した。

「山内は定期的に金をくすねていた。比較的見つからない日と時間帯を選んで操作していたんだろう。月に一度のチャンス。定例会議がある日なら、全員席をはずす。送金をすませて、少し遅れていけばいい。万が一見られても、報告のために作業していると言い訳しやすい。そして犯人は、送金のタイミングをねらった。山内がトークンを取り出し、送金をしたのを確認してからニセモノは社長室に行った。絶妙なタイミングだ」

「どうやって、山内が送金を終えて席を立つタイミングがわかるんだ? 社内にいて山内を見ていないとわからないだろ。それとも社長室に協力者がいるのか?」吹田がなおも質問する。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  9. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×