工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第22回「ほんの手数料がわり」 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第22回「ほんの手数料がわり」

吹田が大声を上げた。 「つじつまが合わない。犯人は、二回オレの口座から金を送金している。一回目の送金の時、ニセモノはトークンを持っていなかった。トークンなしでどうやって送金したんだ? それに送金を二回に分ける理由がない」

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

片山から話を聞いた範囲では、社長室の外からトークンをのぞき見できるかどうか実験したというから、その時にニセモノの真田がトークンをすり替えたのだろう。ニセモノのトークンだからアクセスできないのも当然だ。

「し…しかし、そんな……ええっ」片山が素っ頓狂な声を上げた。

「あんたらは、ニセモノの話を真に受けて、改竄事件はトークンをのぞき見するための視界確保だって信じたみたいだけどさ、おかしいだろ。ちょっとした偶然で視界が邪魔されることもある。そんな不確かなことはしないだろ」

オレは重ねて言った。

「いや……し、しかし」片山は、なおも質問しようとする。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×