工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第19回「片山の推理」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第19回「片山の推理」

大手ネット広告代理店サイバーフジシン社 情報システム部の片山は、思考実験を繰り返していた。何度かの思考実験の結果、もっとも妥当な推理は、社長室の外にいる誰かが山内のトークンを盗み見して、金を奪ったというものだ。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

第六章 混乱

オレは、わくわくしながらじっと待った。四〇分くらい待って、待ちきれずにアクセスすると着金していた。すぐに複数の口座への送金指示を出す。

ルクセンブルクのinternaxx、アメリカのOANDA、シンガポールのシティバンクだ。

過去の経験では、着金するまでに一、二日はかかる。それを確認したら高飛びだ。ビジネスクラスで行くことにしよう。

ばれない自信はある。会社のシステムを外注しているN電気のセキュリティコンサルタントを名乗るヤツに「海外で資産保全できて、税金なしってどこがいいですかね」と尋ねたら、「よく知りませんが、やはりスイスでしょうか」などと答えた。小学生レベルだ。ゴルゴ13の読み過ぎだ。

そんな連中に海外送金を追跡することなんかできるわけがない。電子マネーやカジノの口座を介すれば完全に足跡を消せるだろう、少なくともあのバカどもの目からは。


---


大手ネット広告代理店サイバーフジシン社 情報システム部の片山は、思考実験を繰り返していた。何度かの思考実験の結果、もっとも妥当な推理は、社長室の外にいる誰かが山内のトークンを盗み見して、金を奪ったというものだ。

犯人の条件は「山内が隠し口座を管理していることを知っている」「山内が隠し口座にアクセスする時間を知っている」「海外金融口座の基礎知識がある」、「ワンタイムアタッカーを使って芸能人ブログのパスワードを盗んだ犯人」ということになる。

片山は、それらを箇条書きにし、「ワンタイムアタッカーを使って芸能人ブログのパスワードを盗んだ犯人」に「?」をつけた。

── ワンタイムアタッカーを誰が使ったかは、わからないだろう。むしろこの事件の犯人がわかれば、それがわかるということだ。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×