工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第18回「トークン再送」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第18回「トークン再送」

「ほんとか? もう一度やってみろ。どうせダメならロックされてもいいだろ」 工藤にうながされて、山内はしぶしぶID、パスワード、そしてワンタイムパスワードを入力した。エラーが出た。工藤は、じっとその作業を観察する。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「まあ、待つしかないな」

工藤が言うと、片山と山内はうなずいた。それから言いにくそうに、いったん席に戻りますと工藤に告げた。工藤は、了解と渋い顔で答えた。

三時間後、三人は山内の席で騒いでいた。山内がアクセスできないと言い出したのだ。

「アクセスできません。ロックは解けているんですが、トークンのワンタイムパスワードが一致しないと言ってます。二度試しました。あと一回間違えると、ロックされて電話で解除依頼しなければアクセスできなくなります。」

「なにい?」

工藤が画面をのぞき込む。確かにトークンのワンタイムパスワードが一致しないというエラーが出ていた。

「トークンが壊れているみたいです。前にも同じことがありました」

「だって番号表示されてるじゃないか」

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×