セキュリティ製品・サービスをクラウド時代に向け体系化(日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

セキュリティ製品・サービスをクラウド時代に向け体系化(日本IBM)

日本IBMは、クラウドの価値を生かしながら堅牢なセキュリティを実現するためのセキュリティ製品およびセキュリティサービスを体系化した「IBM Dynamic Cloud Security」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月3日、クラウドの価値を生かしながら堅牢なセキュリティを実現するためのセキュリティ製品およびセキュリティサービスを体系化した「IBM Dynamic Cloud Security」を発表した。アクセスの管理、データの保護、可視性の向上、セキュリティ運用の最適化の4つの領域に重点を置いたものとなっており、ユーザは必要に応じて柔軟に選択できる。

具体的には、アクセスの管理では「Cloud Identity Services」「Cloud Sign On Service (現行製品名:IBM Single Sign On)」など、データの保護では「Cloud Data Activity Monitoring(現行製品名:IBM InfoSphere Guardium Data Activity Monitoring)」「Cloud Mobile Application Analyzer(現行製品名:IBM AppScan Mobile Analyzer)」など、可視性の向上では「Cloud Security Intelligence (現行製品名:IBM QRadar Security Intelligence)」、セキュリティ運用の最適化では「IBM Security Intelligence and Operations Consulting Services」「IBM Cloud Security Managed Services」などの体系となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×