工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第14回「パワーオフ」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第14回「パワーオフ」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

「詳細を表示させろ。SWIFT コードと口座番号か、IBAN コードがわかれば相手を特定できる」

「今は表示できません。同行内の資金移動は終わるまで表示できないんです」

「ウソだろ。資金移動完了したら終わりじゃないか。オレにやらせろ」

工藤がマウスに手を伸ばすと、山内はあわててそれを避けた。もみ合いになる。

「ちょっと、止めてください」

片山が止めに入った。今度は、三人のもみ合いになる。他の席にいた経理と人事の人間が何事かと集まってくる。その時、パソコンの画面が暗転した。誰かがパワーボタンを押したのだ。

「バカ!」工藤が叫んだ。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×