工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第13回「外部送金」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 「ワンタイムアタッカー」 第13回「外部送金」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

山内は、自分の席に腰掛けると、ブラウザを立ち上げ、銀行のサイトへアクセスした。そして、懐からトークンを取り出すと、ボタンを押し、そこに表示されている番号を入力した。

「ルクセンブルクの銀行に、ワンタイムパスワードか…」

工藤がつぶやいた。

画面には複数の口座とファンド、クレジットカードの状況とグラフが表示された。片山は不思議そうな顔をする。日本のオンラインバンキングでは見ることのない画面だ。保有資産の状況が一画面で把握できるようになっている。

「すごいな。この銀行は他の国の金融機関のファンドまで手配して、統合表示してくれるのか」

「主要金融市場で流通しているファンドなら、たいていのものは、ここから買えますし、ほぼリアルタイムで状況を反映してくれます」

山内がちらりと横に立っている工藤の顔を見上げた。

「チェッキングアカウントの履歴を表示してくれ」

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×