ラックとベネッセHDが合弁会社設立、システム運用・保守など担当(ラック、ベネッセHD) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

ラックとベネッセHDが合弁会社設立、システム運用・保守など担当(ラック、ベネッセHD)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ラックと株式会社ベネッセホールディングス(ベネッセHD)は9月10日、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用について合弁会社を設立することに関し、基本合意に至ったと発表した。合弁会社の設立は、世界でも有数のセキュリティレベルの保守・運用体制を構築することを目指し、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用を行わせることを目的としたもの。

合弁会社の出資比率は、ベネッセHDが70%、ラックが30%を予定している。代表取締役社長はベネッセHDが指名する者を選任し、ラックは少なくとも1名の取締役を指名する権限を持つ。なお、合弁会社の名称や本社所在地、代表者の役職・氏名、資本金、設立年月日については今後協議の上で決定するとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×