ラックとベネッセHDが合弁会社設立、システム運用・保守など担当(ラック、ベネッセHD) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

ラックとベネッセHDが合弁会社設立、システム運用・保守など担当(ラック、ベネッセHD)

ラックとベネッセHDは、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用について合弁会社を設立することに関し、基本合意に至ったと発表した。

製品・サービス・業界動向
ベネッセHDによる発表
株式会社ラックと株式会社ベネッセホールディングス(ベネッセHD)は9月10日、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用について合弁会社を設立することに関し、基本合意に至ったと発表した。合弁会社の設立は、世界でも有数のセキュリティレベルの保守・運用体制を構築することを目指し、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用を行わせることを目的としたもの。

合弁会社の出資比率は、ベネッセHDが70%、ラックが30%を予定している。代表取締役社長はベネッセHDが指名する者を選任し、ラックは少なくとも1名の取締役を指名する権限を持つ。なお、合弁会社の名称や本社所在地、代表者の役職・氏名、資本金、設立年月日については今後協議の上で決定するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  2. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  3. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

    「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  4. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  5. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  6. ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

  7. AeyeScan blog 第7回「御社のWebサイトに潜む『放置ページ』を見つける方法」

  8. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  9. NTTが標準化活動を推進、秘密計算技術「ISO/IEC 4922-1:2023」発行

  10. イエラエセキュリティ牧田誠が作った「エンジニアの楽園」、創業10 年でかなえた夢 10 年後にかなえた夢

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×