「IptabLes」および「IptabLex」の大量感染に注意を呼びかけ(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

「IptabLes」および「IptabLex」の大量感染に注意を呼びかけ(アカマイ)

アカマイは、同社のPLXsertを通して、新しい「サイバーセキュリティThreat Advisory(脅威アドバイザリ)」を発行したと発表した。このアドバイザリは、Linuxシステム上でのIptabLesおよびIptabLex感染の高リスクな脅威について企業に警告を発するもの。

脆弱性と脅威 脅威動向
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は9月4日、同社のProlexic Security Engineering & Response Team(PLXsert)を通して、新しい「サイバーセキュリティThreat Advisory(脅威アドバイザリ)」を発行したと発表した。このアドバイザリは、Linuxシステム上でのIptabLesおよびIptabLex感染の高リスクな脅威について企業に警告を発するもの。

IptabLesおよびIptabLexの大量感染は、主としてApache Struts、Tomcat、およびElasticsearchの脆弱性を悪用した多数のLinuxベースのWebサーバの侵害によって促進されたと思われるとしている。攻撃者はメンテナンスされていないサーバ上でLinuxの脆弱性を使用してアクセス権を手に入れ、権限を昇格してマシンのリモート制御を可能にした後、悪質なコードをシステムに混入させて実行すつ。その結果、攻撃者はシステムをDDoSボットネットの一部としてリモートから制御できるようになる。

感染後の特徴として、/bootディレクトリ内の.IptabLesまたは.IptabLexという名前のペイロードがある。これらのスクリプトファイルは、リブート時に.IptabLesバイナリを実行する。このマルウェアは自己アップデート機能も内蔵しており、感染したシステムはリモートホストに接続してファイルをダウンロードする。ラボ環境において、感染したシステムはアジアに位置する2つのIPアドレスへの接続を試みたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×