「IptabLes」および「IptabLex」の大量感染に注意を呼びかけ(アカマイ) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

「IptabLes」および「IptabLex」の大量感染に注意を呼びかけ(アカマイ)

アカマイは、同社のPLXsertを通して、新しい「サイバーセキュリティThreat Advisory(脅威アドバイザリ)」を発行したと発表した。このアドバイザリは、Linuxシステム上でのIptabLesおよびIptabLex感染の高リスクな脅威について企業に警告を発するもの。

脆弱性と脅威 脅威動向
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は9月4日、同社のProlexic Security Engineering & Response Team(PLXsert)を通して、新しい「サイバーセキュリティThreat Advisory(脅威アドバイザリ)」を発行したと発表した。このアドバイザリは、Linuxシステム上でのIptabLesおよびIptabLex感染の高リスクな脅威について企業に警告を発するもの。

IptabLesおよびIptabLexの大量感染は、主としてApache Struts、Tomcat、およびElasticsearchの脆弱性を悪用した多数のLinuxベースのWebサーバの侵害によって促進されたと思われるとしている。攻撃者はメンテナンスされていないサーバ上でLinuxの脆弱性を使用してアクセス権を手に入れ、権限を昇格してマシンのリモート制御を可能にした後、悪質なコードをシステムに混入させて実行すつ。その結果、攻撃者はシステムをDDoSボットネットの一部としてリモートから制御できるようになる。

感染後の特徴として、/bootディレクトリ内の.IptabLesまたは.IptabLexという名前のペイロードがある。これらのスクリプトファイルは、リブート時に.IptabLesバイナリを実行する。このマルウェアは自己アップデート機能も内蔵しており、感染したシステムはリモートホストに接続してファイルをダウンロードする。ラボ環境において、感染したシステムはアジアに位置する2つのIPアドレスへの接続を試みたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×