Javaコード診断ツールの最新版を発売(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

Javaコード診断ツールの最新版を発売(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、集中型Javaコード診断ツールの最新版「anyWarp CodeDirector V7.3」の提供を4月22日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは4月21日、集中型Javaコード診断ツールの最新版「anyWarp CodeDirector V7.3」の提供を4月22日から開始すると発表した。本製品は、Java開発におけるコーディングルール違反をプロジェクト全体で組織的にチェックすることで、Javaアプリケーションの品質と性能の向上とコーディングの進捗状況の管理を行うもの。価格は10ユーザライセンスで1,000,000円から。(Androidオプションは200,000円)

最新版では、18の標準セキュアコーディングルールを追加し、不適切なロックオブジェクトやfinallyブロックにおける不適切な制御構造、不適切なスレッド実行などの検知を可能にした。また、7つのカスタマイズ可能なルールを追加した。カスタマイズ用パラメータを指定することで、チェック対象メソッド内で、スーパークラス(親クラス)のメソッドが呼び出されていないことを検知することなどが可能になった。さらに、ステップ数予実績管理機能に進捗予定と遅延の算出機能を拡張している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×