人為的ミスで会員登録QRコードに他人の個人情報を表示(テーオーシー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

人為的ミスで会員登録QRコードに他人の個人情報を表示(テーオーシー)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社テーオーシーは10月29日、「ザ・パーフェクト セレクション会員データベース」において、メール会員登録手続における同社のデータ処理のミスにより、個人情報が一部流出した可能性があると発表した。これは10月1日、「メール会員登録手続」において利用したQRコードの一部に関して、本来表示する個人情報と異なる情報を表示したことが発覚したというもの。原因は、同データベースの運営を一部委託している株式会社シスクにおけるデータ処理の人為的ミスだという。

同社では同日、QRコード全部の表示チェックを行い、75名分のQRコードで誤った個人情報が表示されたことを確認。あわせて人為的ミスであることも確認した。同社ではただちに、誤りのあったQRコードすべてに関して修正作業を実施し、同日中に作業を完了した。翌日にはすべてのQRコードによる表示照会作業を実施し、正しい情報が表示されることを確認した。流出した可能性のある個人情報は、利用ユーザの個人情報(氏名、住所)最大75名分。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×