モバイルマルウェアが半年で30%増加--フォーティネットレポート(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

モバイルマルウェアが半年で30%増加--フォーティネットレポート(フォーティネット)

フォーティネットは、2013年1月1日から7月31日までのFortiGuard脅威動向調査の結果を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は8月19日、2013年1月1日から7月31日までのFortiGuard脅威動向調査の結果を公表した。これによると、FortiGuard Labsにおいて過去6カ月間で観測されたモバイルマルウェアの数が30%増加した。チームは現在、1日あたり1,300の新たなサンプルを観測しており、300以上の固有のAndroidマルウェアファミリーおよび250,000以上の固有の不正Androidサンプルの追跡を行っているという。

また、Ruby on Rails、Java、Adobe Acrobat、Apacheは最新のパッチを公開しているが、攻撃者たちがいまだにこれらの古い脆弱性を悪用していることがレポートで明らかになっている。1月には、Ruby on Railsにリモートからコードを実行される脆弱性が発表され、同じく1月にJavaのサンドボックスを迂回し、任意のJavaコードを実行できるゼロデイ エクスプロイトが発見されている。攻撃者は現時点でも、これらの脆弱性が修正されていないWebサーバを検索し、攻撃しようとしている。レポートではこのほか、Acrobat/Acrobat Readerを狙ったゼロデイ攻撃や、CDorkedがApacheを攻撃ことなどを紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×