中国人民解放軍の兵士たちがサイバースパイ冷戦を首謀している~ New York Times に雇われたセキュリティ会社、中国の国営スパイが米国企業の情報をハッキングしていると主張(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

中国人民解放軍の兵士たちがサイバースパイ冷戦を首謀している~ New York Times に雇われたセキュリティ会社、中国の国営スパイが米国企業の情報をハッキングしていると主張(The Register)

Mandiant は攻撃されたと推定される企業の名前を挙げてはいないものの、他の報告書は、コカコーラ、RSA Security、Telvent(電力送電網の制御システムやスマートメーターを提供している会社)などを示唆している。

国際 TheRegister
レストランやマッサージパーラーに囲まれた、何の変哲もない上海の高層ビル街に潜んでいる中国軍のスパイが、数多くの米国企業のコンピュータから数百テラバイトのデータを吸い上げていた。

我々はフィクションとして語っているのではなく、それを確信している――Mandiant 社による最新の研究は、中国人民解放軍の部隊が、政府に支援されたサイバースパイ活動の拠点を立案し、指揮していると結論づけた。

そのセキュリティコンサルタント会社は、米国企業(ハイテクからエネルギーの分野まで)に侵入したと見られるハッカーと、PLA 61398 部隊とを結びつけた報告書を本日(編集部註:2月19日)発表した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×