中国人民解放軍の兵士たちがサイバースパイ冷戦を首謀している~ New York Times に雇われたセキュリティ会社、中国の国営スパイが米国企業の情報をハッキングしていると主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

中国人民解放軍の兵士たちがサイバースパイ冷戦を首謀している~ New York Times に雇われたセキュリティ会社、中国の国営スパイが米国企業の情報をハッキングしていると主張(The Register)

国際 TheRegister

レストランやマッサージパーラーに囲まれた、何の変哲もない上海の高層ビル街に潜んでいる中国軍のスパイが、数多くの米国企業のコンピュータから数百テラバイトのデータを吸い上げていた。

我々はフィクションとして語っているのではなく、それを確信している――Mandiant 社による最新の研究は、中国人民解放軍の部隊が、政府に支援されたサイバースパイ活動の拠点を立案し、指揮していると結論づけた。

そのセキュリティコンサルタント会社は、米国企業(ハイテクからエネルギーの分野まで)に侵入したと見られるハッカーと、PLA 61398 部隊とを結びつけた報告書を本日(編集部註:2月19日)発表した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×