Microsoftが訴訟で和解後、中国のNitolボットネットのホスティングを停止〜オーナーがシンクホールへの廃棄に合意(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

Microsoftが訴訟で和解後、中国のNitolボットネットのホスティングを停止〜オーナーがシンクホールへの廃棄に合意(The Register)

この和解合意に基づき、レドモンドはマルウェアにリンクするサブドメインはすべて、「ブラックリスト」に入れられ、Microsoftが管理するシンクホールにリダイレクトされるという条件で、3322.orgドメインのオペレーション再開を許可していた。

国際 TheRegister
Microsoftが、Nitol DDoSボットネットにリンクする中国のサイトとの訴訟で和解した。

新興のNitolボットネットは、3322.orgドメインでホスティングされていた。この脅威を停止するため、Microsoftは3322.orgでホスティングされていた70,000の悪意のあるサブドメインを制御するための訴訟を起こし、9月中旬に同ドメインを掌握した。

レドモンドは、不安定なサプライチェーンの調査(PDF)中に、詐欺を発見した。どうやら中国の不正な(しかし名は挙げられていない)複数のコンピュータ再販業者が、Pay Per Install型のマルウェアアフィリエイトプログラムや、類似する詐欺から余分に儲けを得ようとして、被害者のマシンにマルウェアをプラントしていたようだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×