ユーザを脅すために感染PCのWebカメラをコントロールするトロイの木馬(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

ユーザを脅すために感染PCのWebカメラをコントロールするトロイの木馬(Dr.WEB)

Dr.WEBは、感染PCのWebカメラから画像を傍受できるトロイの木馬ブロッカーを検出したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は12月4日、感染PCのWebカメラから画像を傍受できるトロイの木馬ブロッカーを検出したと発表した。これは同社のスペシャリストが、新たな手法でWindowsを感染させるトロイの木馬「Trojan.Gapz.1」によって感染したPC上にインストールされるプラグインのひとつについて解析を行った結果、判明したもの。「Trojan.Winlock.7384」としてウイルスデータベースに追加された。

「Trojan.Winlock.7384」は、感染したPC上で起動すると、対応している国およびペイメントシステムについて記録された自身の設定ファイルを復号化する。これらのチェックが完了すると、C&Cサーバ上へのボットの登録確認を受け取り、最後にコマンドセンターからXMLファイルがいくつかダウンロードされ、それを基にWindowsのブロックに関するテキストおよび画像が適切な言語で作成される。また、感染したPCのWebカメラから画像を傍受することができ、ユーザを脅す目的でそれらの画像をWindowsブロックに関するウィンドウ内に表示する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×