企業のほぼ半分が自社のデータセンターの外に情報を保存(シマンテック) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

企業のほぼ半分が自社のデータセンターの外に情報を保存(シマンテック)

米Symantec社は「デジタル情報インデックス」を発表した。これは同社がスペインのバルセロナで開催された「Symantec Vision 2012」で発表された「2012年 企業の保有する情報に関するレポート(2012 State of Information Report)」。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社シマンテックは11月16日、米Symantec社による「デジタル情報インデックス」を発表した。これは同社がスペインのバルセロナで開催された「Symantec Vision 2012」で発表されたプレスリリース「2012年 企業の保有する情報に関するレポート(2012 State of Information Report)」の抄訳版。これによると、世界的に企業の情報のほぼ半分(46%)が自社のデータセンターの外に保存されている。

また、モバイルデバイスとノートPCを含めると、中小規模企業(SMB)が53%でファイアウォールの外にある情報について大規模企業を上回っている。特にインド(83%)、中国(60%)、シンガポール(60%)は50%を上回っている。一方、調査した企業の4分の1以上が、その結果として課題を抱えていた。企業の3分の1以上が、モバイルデバイスの紛失または盗難により、機密情報の流出を経験している。また、情報の大部分が整理されていないため、必要な情報が見つからないという問題も発生しているという。レポートではこうした現状に対し、効率性や一貫性、敏捷性などが重要としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×