個人情報を含む学生238名分のレポートを誤ってWeb上に公開(愛知教育大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

個人情報を含む学生238名分のレポートを誤ってWeb上に公開(愛知教育大学)

愛知教育大学は、同大学の教員が管理するWebサーバの設定ミスによって学生のレポートがWeb上に公開されていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人愛知教育大学は9月25日、同大学の教員が管理するWebサーバの設定ミスによって学生のレポートがWeb上に公開されていたことが判明したと発表した。これは9月21日、学生から「Googleで自分の名前を検索すると昨年受講した授業の自分のレポートが表示された。Web上で公開されているので削除して欲しい」との連絡によって発覚したもの。

レポートには、学生の所属選修、専攻名、学籍番号、学生氏名といった個人情報が記載されていた。また、誤って公開されていたレポートは昨年度に当該教員が担当した授業の受講生238名分で、2012年4月14日から9月21日まで公開されていた。同大学によると、現在のところ情報漏えいによる不正使用などの被害は確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×