米大統領選挙に関連する不正アプリをGoogle Playで確認、情報漏えいも(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

米大統領選挙に関連する不正アプリをGoogle Playで確認、情報漏えいも(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Google Play」上でユーザの個人情報を漏えいするAndroid向けの不正アプリを確認したとブログで発表している。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は9月20日、「Google Play」上でユーザの個人情報を漏えいするAndroid向けの不正アプリを確認したとブログで発表している。TrendLabsでは、Google Playおよび特定の非公式のアプリ配布サイト上で、Android端末向けアプリを4つ確認した。これらのアプリは、インストールされるとユーザの承認を得ずに特定の端末情報を入手する。この結果、ユーザは、情報漏えいの被害に遭う可能性がある。

今回確認したアプリのひとつは、すでにGoogle Play上からは削除済みであるが、非公式のサイト上ではいまだに公開されている。これらのアプリは、2012年11月6日に実施される米国大統領選挙および選挙の2人の候補者、バラク・オバマ氏およびミット・ロムニー氏に便乗して作成されているもの。なお、ユーザはこれらのアプリを無料でダウンロードできる。「Obama vs Romney」と呼ばれるアドウェアは、ユーザが2人の候補者の中から選択できる投票サービスとして設計されていた。全体の投票結果を即座に表示されるかのようにうたっているが、実際には説明ページが表示されるのみで、広告に悩まされる結果となる。同アプリは、9月18日までに非公式のアプリサイトから300回以上、Google Playからは推定500~1,000回のダウンロードがなされたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×