ドイツ連邦刑事局が公式に「バックドア開発者」を募集(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

ドイツ連邦刑事局が公式に「バックドア開発者」を募集(エフセキュアブログ)

脆弱性と脅威 脅威動向

エフセキュア株式会社は9月7日、ドイツ連邦刑事局(BKA)がバックドアの開発者をサイト上で募集していることについてブログで紹介している。これは、BKAのWebサイトに掲載されている「開発者募集」の広告で、業務内容は「リモートコンピューティングシステムへの機密アクセスを提供するための、ソフトウェア開発およびメンテナンスへの関与」となっている。

ブログでは、「政府がトロイの木馬やバックドアの開発者を公然とリクルートすることなど、考えられなかっただろう」としてるが、また「我々はドイツ政府が以前から、自身の国民に対してトロイの木馬を使用してきたことを知っている。しかし彼らはトロイの木馬を購入していた。今や自身で開発しているようだ」としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×