ドイツ連邦刑事局が公式に「バックドア開発者」を募集(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

ドイツ連邦刑事局が公式に「バックドア開発者」を募集(エフセキュアブログ)

エフセキュアは、ドイツ連邦刑事局(BKA)がバックドアの開発者をサイト上で募集していることについてブログで紹介している。

脆弱性と脅威 脅威動向
エフセキュア株式会社は9月7日、ドイツ連邦刑事局(BKA)がバックドアの開発者をサイト上で募集していることについてブログで紹介している。これは、BKAのWebサイトに掲載されている「開発者募集」の広告で、業務内容は「リモートコンピューティングシステムへの機密アクセスを提供するための、ソフトウェア開発およびメンテナンスへの関与」となっている。

ブログでは、「政府がトロイの木馬やバックドアの開発者を公然とリクルートすることなど、考えられなかっただろう」としてるが、また「我々はドイツ政府が以前から、自身の国民に対してトロイの木馬を使用してきたことを知っている。しかし彼らはトロイの木馬を購入していた。今や自身で開発しているようだ」としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×