Windows XPは「攻撃に利用可能な場所がそこらじゅうにある」(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

Windows XPは「攻撃に利用可能な場所がそこらじゅうにある」(エフセキュアブログ)

サイバーディフェンス研究所の福森大喜氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで、Windows XPの危険性について発表している。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社サイバーディフェンス研究所の福森大喜氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで10月8日、Windows XPの危険性について発表している。これによると、先日よりInternet Explorerのゼロデイ攻撃(CVE-2013-3893)がアジア各地で確認されており、Metasploitにも攻撃モジュールが組み込まれたことで危険性が高まっているという。

現在のところMetasploitで対象となっているのは、Office 2007/2010がインストールされているWindows 7のIE8/IE9のみであるが、Windows XPを攻撃するのは簡単で、Officeがインストールされていなくても攻撃が可能であるとして、XPユーザに警告している。攻撃が簡単な理由は、Windows 7ではASLRというメモリアドレスをランダムに配置する機能が備わっているのに対して、Windows XPではそのような機能がなく、攻撃に利用可能な場所がそこらじゅうにあるためだという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×