工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第6回「見積もりは不要です」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第6回「見積もりは不要です」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

「それで、すぐに変更しなかったんだ?」

「まさか、こんな事件が起こるとは思わなかったものですから」

大島の無責任な回答に、オレも思わずため息をついた。

「ええとですね。まあ、詳細な調査はおいおい進めるとして、とりあえずお見積もりは、すぐにお出ししますんで」

同席していた広告代理店の沢田が、上品とはいえない微笑みを浮かべて話に割って入った。こいつは、オレのエージェントだ。主な仕事は自分の手に負えないサイバーセキュリティ案件をオレに押しつけ、オレの出した見積もりを二倍以上に水増しすることだ。

もちろんサイバーセキュリティのことなんかまるきりわかっていない。だが、営業の長年のカンであまりいい方向に話が進んでいないとわかったのだろう。助け船を出してくれた。こいつに助けられるなんて、ハプニングバーでオカマにからまれて以来だ。

「見積もりは不要です」
《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×