アプリの脆弱性が減少した反面でモバイルやWebサーバへの攻撃が増加(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

アプリの脆弱性が減少した反面でモバイルやWebサーバへの攻撃が増加(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月2日、米IBMによる「2011年のX-Forceトレンド&リスク・レポート」の結果を発表した。本レポートは、同社X-Forceチームが作成したもの。レポートでは、アプリケーションの脆弱性や脆弱性実証コード、スパムが大幅に減少した一方で、攻撃者がより盲点を突いた攻撃や、ソーシャルネットワークやモバイル端末などの新しいテクノロジーを狙った攻撃に戦略を転換しはじめていることを明らかにしている。

スパムメールは2010年比で50%減少しており、また2010年は43%だった未パッチのソフトウェア脆弱性が36%に減少、さらに、ソフトウェア・アプリケーション・コードの品質向上により、いわゆるクロスサイトスクリプティング攻撃が4年前と比べて半減したことを報告している。その一方で、セキュリティが強化されるにつれて攻撃者も手口を巧妙化している。レポートでは、モバイル端末の脆弱性を狙った攻撃や、自動パスワード推測、フィッシング攻撃などが増加傾向にあると指摘。また、Webアプリケーションの脆弱性に対する対策を強化した結果、Webサーバを狙った自動シェルコマンドインジェクションが増えているとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×