過去1か月分のサービス利用履歴を表示、ログイン場所や使用プラットフォームも明らかに(米Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

過去1か月分のサービス利用履歴を表示、ログイン場所や使用プラットフォームも明らかに(米Google)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Googleは28日(現地時間)、Googleの提供するサービスの利用状況の履歴を表示する新機能「アカウントアクティビティ」のベータ版を公開した。デフォルトでこの機能は無効になっており、アカウント設定で有効にすることで利用できる。

 この機能を有効にすると数分でアカウントとなっているメールアドレスにメールが届く。そのメールにあるリンクをクリックすると過去一ヶ月分のアクティビティが表示される。その内容は、ログインした場所、使用したブラウザ、プラットフォーム、Gmailで送受信したメールの件数、Google検索で検索した件数、上位の検索ワードなど。

 Googleでは、この機能をセキュリティ向上に役立てることができるとしている。たとえば身に覚えのない場所からの、あるいは使っていないプラットフォームからのログインが記録されていれば、パスワードを盗まれている可能性があるので、パスワードを変更するといった対策がとれる。

 この機能は批判を受けたセキュリティポリシーの変更により可能になったものだ。Googleでは今後もこの機能を拡充していくとしている。

サービスの利用状況が分かる、Googleがアカウントアクティビティを開始

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×