Googleがプライバシーポリシーと利用規約を更新、ユーザー情報を一元化 | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

Googleがプライバシーポリシーと利用規約を更新、ユーザー情報を一元化

 米Googleは24日(現地時間)、同社のプライバシーポリシーと利用規約を更新すると発表した。サービス間でのユーザー情報やアクティビティの共有が強化される。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Googleは24日(現地時間)、同社のプライバシーポリシーと利用規約を更新すると発表した。サービス間でのユーザー情報やアクティビティの共有が強化される。

 GoogleにはGmailやYouTube、Googleマップ、Google Docs、リーダーなど数多くのサービスがあり、全てのサービスをひとつのアカウントで利用できる。しかし、各サービスが管理している個人データはアカウントのIDとパスワードだけではない。サービスごとに保存されるデータや、利用状況などの個人データが蓄積される。こういったデータはこれまでサービスごとに管理されていたが、これからはほとんどのサービスで共有されることになる。

 Googleが公開した動画によると、例えばGoogle検索で「ジャガー」を検索した場合、ほかのサービスの利用状況などからそのユーザーが自動車が好きであることがわかっていれば、検索結果に動物のジャガーよりも自動車ブランドのジャガーを優先的に表示する、といった利便性の向上が図られるようだ。

 また、さまざまなページに表示される広告は今やユーザーの嗜好を反映したターゲティング広告が常識になっているが、これもより高度化し、YouTubeの利用から推測したユーザーの嗜好を反映した広告が、Google検索に表示される、といったことになるようだ。

 Googleでは新しいプライバシーポリシーに理解を求めるため、YouTubeで動画を公開したほか、「ポリシーと原則」というウェブページを公開した。新しいプライバシーポリシーは3月1日より運用される。

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×