ファイル自動暗号化ソフトを発売、標的型攻撃の対策にも有効(ALSI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

ファイル自動暗号化ソフトを発売、標的型攻撃の対策にも有効(ALSI)

ALSIは、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」を発売した。本製品は、ファイル単位の自動暗号化により重要情報を守ることができるソフトウェア。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は1月31日、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」を同日より発売したと発表した。本製品は、ファイル単位の自動暗号化により重要情報を守ることができるソフトウェア。ユーザが意識することなく、多様なアプリケーションでファイル単位の自動暗号化ができるため、万一「標的型攻撃」の被害を受け、情報が外部に流出してしまった場合でも、機密情報を保護し続けることが可能となる。

また、Word、Excel、PowerPoint、一太郎、Adobe Acrobat、Open Officeなど、アプリケーションを問わずさまざまなファイルを暗号化できることも特徴。管理画面から暗号化したいアプリケーションを独自に追加することも可能となっている。さらに、独自にユーザ属性を利用者に設定し、ユーザ属性とアクセス権限を紐付けてファイルを暗号化できるため、ファイルのコピーや移動などにより保管場所が変わった際も暗号化が保たれ、アクセス権限も維持される。ライセンス価格は、一般で1ライセンスあたり15,000円から(1~99ライセンスの場合)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×