1日当たりの標的型攻撃、1月から4倍に増加--インテリジェンスレポート(シマンテック) | ScanNetSecurity
2020.12.01(火)

1日当たりの標的型攻撃、1月から4倍に増加--インテリジェンスレポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011年11月度(日本語版)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社シマンテックは12月14日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011年11月度(日本語版)」を発表した。今月の分析では、1日当たりの標的型攻撃の数が今年の1月に比べて4倍に増えたことが明らかになった。11月には平均で1日に94件の標的型攻撃がブロックされている。また、米国で1日に最低1件の攻撃がブロックされ、389人中1人のユーザがこのような攻撃の対象となっており、日本では約9日に1件の攻撃がブロックされ、520人中1人のユーザのみが攻撃の対象となっている。

2011年を通じて最も頻繁に攻撃の対象となったのは公共機関で、1日に約20.5件の標的型攻撃がブロックされた。化学/製薬業界が1日に18.6件で第2位となったが、これらの攻撃の多くは今年の後半になって登場したもので、Nitro と名付けた攻撃の特徴的なプロファイルに合致している。これは製造業界でも同様で、製造業界では1日に約13.6件の攻撃がブロックされ、3番目に標的型攻撃の被害が多い業界となった。企業規模では、従業員2,500人以上の大規模企業が最も多くの攻撃を受けており、1日に36.7件がブロックされた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×