WordPress利用サイトへの改ざん攻撃の増加を確認(日本IBM) | ScanNetSecurity
2022.06.25(土)

WordPress利用サイトへの改ざん攻撃の増加を確認(日本IBM)

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は11月15日、「WordPress」を利用したWebサイトへの改ざん攻撃の増加を確認したとレポートしている。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は11月15日、「WordPress」を利用したWebサイトへの改ざん攻撃の増加を確認したとレポートしている。

ブログ管理用アプリケーションであるWordPressの画像サイズ変更ユーティリティ「timthumb.php」には脆弱性が存在する。この脆弱性は、リモートからtimthumbキャッシュディレクトリに任意のPHPコードをアップロードし、実行できてしまうというもの。東京SOCでもこの脆弱性を悪用する攻撃を、10月下旬から11月上旬にかけて多数確認している。

この攻撃の被害に遭った場合、Webサーバがボットに感染したり、PHPバックドアを仕掛けられる可能性がある。さらに最近では、仕掛けたバックドアを利用してWebサイトに不正なコードを埋め込み、ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の踏み台に利用しようとする攻撃が増加している。東京SOCでも、不正なコードが埋め込まれたWebサイトを閲覧したユーザが、ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃を受けている通信を多数検知している。「timthumb.php」はさまざまなテーマプラグインに利用されているため、利用している場合はプラグイン提供元からアップデートを入手し適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×