工藤伸治のセキュリティ事件簿 第14回「クライアントの社員」 | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 第14回「クライアントの社員」

>>第一回から読む

特集 フィクション
>>第一回から読む

オレは上機嫌で会議室を出た。葛城の野郎は残って、IDとパスワード再発行の作業計画を立ててる。

オレが鼻歌を歌いながら会社のビルのロビーに出ると、和田が通りかかった。そういえばこいつもメールを盗聴してたんだよな。

「あ」和田はオレを見ると声を上げた。こいつ、意外と目が大きい。結構かわいいかもしれない。オレは、さっき妄想の中で触った太腿を見た。むっちりとした太腿は黒いストッキングに覆われている。きれいな細い脚じゃないとこが余計にいやらしい感じがする。

「こんちは」

オレが挨拶すると、和田は顔を赤くしてうつむいた。わからない。なんで恥ずかしがってるんだ。と思っていると、和田はちょこちょことオレに近づいてきた。

「和田です」

和田は上目遣いでオレを見ながら、小さな声でささやくように言った。なんでまた自分の名前を言ってるんだか、よくわからなかったけど、声はちょっと色っぽい。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×