工藤伸治のセキュリティ事件簿 第12回「罠」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 第12回「罠」

>>第一回から読む

特集 フィクション
>>第一回から読む

一時間後、システム部の連中が戻ってくる頃には、ほとんどの作業は終わっていた。オレは葛城にその旨を伝えると、打合せのために会議室に入った。

「この一時間でいろいろわかったぜ。結論から言うと外部侵入の可能性は低い。それと、ネット盗聴用のツールを立ち上げていたヤツが五人いた」

「ネット盗聴用のツール?」

「あんたたち、メールを暗号化しないで送受信してるだろ。だめだよ。簡単に盗聴されちゃうよ。ネットワークスニファって知らないの?」

ネットワークを流れるデータを盗聴することは驚くほど簡単だ。ネットワークスニファと呼ばれるソフトを使えばいい。メールはもちろん、他の人間が見ているホームページまで盗聴することができるのである。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×