国別のセキュリティの脅威認識調査、ドイツは特に警戒心が強い(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

国別のセキュリティの脅威認識調査、ドイツは特に警戒心が強い(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は9月9日、エフセキュア・コーポレーションが7カ国(フィンランド、ドイツ、マレーシア、ポーランド、スウェーデン、イギリス、米国)で実施したオンラインの脅威に関する意識調査の結果を発表した。この調査は、同社が第3者機関のZoomerangを通して2010年5月にインターネット調査により実施したもの。各国200名ずつ、合計1,450名が回答している。調査結果によると、過去12カ月の間にマルウェアに遭遇したことがあると回答したのは、全回答者の49%を占めた。

特にポーランドでは70%に上っており、以下フィンランド(60%)、マレーシア(54%)と続き、最下位はドイツ(32%)であった。また、セキュリティ対策をしなかったためマルウェアに感染した経験があるという回答者は、ポーランド(14%)とマレーシア(11%)が多かった。さらに、スウェーデン(38%)、米国(34%)、イギリス(33%)、ドイツ(32%)の回答者は、自分のパソコンがマルウェアに感染したかどうか、わからないと答えている。特定のマルウェアに対する関心も国によって大きな違いがあり、ドイツは特に警戒心が強いことが明らかになっている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100909_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×