海外における個人情報流出事件とその対応 第222回 BitTorrentユーザを狙ったサイバー脅迫 (2)身代金だけではない多様化するサイバー恐喝 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

海外における個人情報流出事件とその対応 第222回 BitTorrentユーザを狙ったサイバー脅迫 (2)身代金だけではない多様化するサイバー恐喝

国際 海外情報

サイバー恐喝が、問題になって10年以上が経過した。当初はシステムをロックして、ファイルなどにアクセスできないようにして、“身代金”を要求するというものが初期には多かった。しかし、その後DoS攻撃を仕掛けて、ウェブサイトをアクセス不可能にする、あるいはウェブサイトを書き換えて、修理費などを求める、重要データの盗難などというように多様化を続けている。2006年ごろにはサイバー恐喝事件の増加が大きな問題になり始めた。

今回のBitTorrentについての事件に先立って、3月には、アイルランドと、米国でのサイバー恐喝が報じられている。まず、アイルランドの事件は、小規模の企業のコンピュータシステムへのサイバー攻撃を警察が捜査しているというものだ。犯人らは、これらの企業のデータを暗号化して、情報へのアクセスと引き換えに“身代金”の支払いを求めた。

被害企業らによると、コンピュータシステムがハッキングされて、顧客情報や、注文書をはじめとするビジネス上のデータにアクセスできなくなり、事業が麻痺してしまったという。ロックを解除するかわりに、700ドルが請求されたケースもあった。請求金額自体は低めに設定されている。

犯人はアイルランドからではなく、米国から攻撃していたと見られている。アイルランド警察が事件について通報を受け始めたのが、3月4日。その後も被害の報告は増え続けたために、詐欺に関する捜査を行う部門が、ユニバーシティー・カレッジ・ダブリンのサイバー犯罪部に相談。助けを求めた。

アイルランド警察では、事件でターゲットになったのは、大企業に比べると、IT上のセキュリティシステムが十分ではない、規模の小さい企業だったとしている。また、うち1社は西アイルランドの運輸会社、そして中央のエンジニアリングの会社だった。

事件を受けて、ユニバーシティー・カレッジ・ダブリンは警察に協力すると同時に、民間企業にトレーニングも行った。興味深いのは、攻撃を開始する数週間前にハッカーが、

※本記事は有料購読会員に全文を配信しました

(バンクーバー新報 西川桂子)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

    AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  2. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

    総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  3. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

    Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  4. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

  5. 最大手の広告代理店が NotPetya の攻撃からいまだに立ち直れない原因(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register)

  9. 専門家「隠されたパケットスニファのスパイ技術が、無数の iPhone と iPad に存在している」~「落ち着いて…Apple のバックドアは誰でも入れるほど大きく開いてはいない」重鎮は語る(The Register)

  10. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×