管理者が知っておきたい 攻撃ツールの基礎の基礎(3)「攻撃ツールの特徴」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

管理者が知っておきたい 攻撃ツールの基礎の基礎(3)「攻撃ツールの特徴」

執筆:株式会社ラック 五島 扶美恵

特集 特集
執筆:株式会社ラック 五島 扶美恵

■攻撃ツールの特徴

攻撃ツールの種類により、以下のような特徴があります。

●能動的攻撃用ツール
・リモート攻撃用ツールの多くは、重要アカウント (管理者権限や SYSTEM 権限など) の権限を奪取し、バックドアを立ち上げるコードなどが含まれています

・ローカル攻撃用ツールの多くは、重要アカウントの権限を奪取し、シェルを立ち上げるコードが含まれています

リモート攻撃では、標的システムに直接悪意あるリクエストを送信するため、標的システムの IP アドレスが必須になります。攻撃ツールのオプション機能として、攻撃成功後にオープンするバックドアのポート番号が指定可能なものも存在します。ローカル攻撃では、IP アドレスは不要なため、そのまま標的システム上でツールを実行するだけのものが多くを占めます。


●受動的攻撃用ツール
・攻撃に利用するファイル (アプリケーションファイルや画像ファイルなど)を作成するものが多く存在します

・標的ユーザよりも上位の権限を奪取します

・ユーザの作成や、バックドアを立ち上げるコードなどが含まれています

受動的攻撃は…

【関連記事】
管理者が知っておきたい 攻撃ツールの基礎の基礎
(1)「防御の知識だけでは対応できない」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_8711.html
(2)「攻撃ツールの種類」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_8756.html
(3)「攻撃ツールの特徴」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_8801.html
(4)「攻撃ツールの開発言語」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_9048.html
(5)「攻撃ツールの自動作成」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_9094.html
(6)「攻撃ツールを分析する」
https://www.netsecurity.ne.jp/3_9958.html


●執筆
五島 扶美恵
株式会社ラック( http://www.lac.co.jp/ )
SNS事業本部 JSOC事業部 技術部
ぺネトレーションテストを専門とする。コンサルティング事業部、コンピュータセキュリティ研究所等を経て、現在はラック脆弱性データベース「SNSDB」の情報調査や脆弱性の検証等を担当している。
【関連URL】
JSOC
http://www.lac.co.jp/business/jsoc/
株式会社ラックのペネトレーションテスト
http://www.lac.co.jp/business/sns/consulting/inspection/diagnosis.html
──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×