【第2回「IBMインターネット・セキュリティ・サービス」】(日本アイ・ビー・エム株式会社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.27(土)

【第2回「IBMインターネット・セキュリティ・サービス」】(日本アイ・ビー・エム株式会社)

特集 特集

 前回は日本アイ・ビー・エムが提供している「インターネット・セキュリティ・サービス」の特徴と作業を説明した。今回はこのサービスの優位性などについて説明する。

■ハッカーの侵入を防ぐための対策
ハッカーの侵入を防ぐためにネットワークの運用面で行わなければならない作業は以下のようなものがある。
▼セキュリティ・ホールに対応する
現在判明しているセキュリティ・ホールの情報を知り、自社のサーバーがそれに該当しないか調査する必要がある。該当する場合はそれに応じた対応策を施さなければハッキングされる可能性は高まる。セキュリティ・ホールは古いバージョンのプログラム、パラメータの設定ミス、簡単なパスワードなどによって存在する。IBMインターネット・セキュリティ・サービスではお客様
の実際のサーバー自体のセキュリティ・ホールをチェックすることで、現時点でのハッキングの可能性を明確にし、それに対する対応策をお客様にご呈示する。また、CERTやベンダーの発行する警告情報をお客様に配布している。
これによってセキュリティ・ホールへの対応を支援という形で提供する。
▼ハッカーからの侵入の発見
実際にハッカーから侵入を受けていないか、運用面で確認を行うことも必要である。これはサーバーのログを監視することに他ならないがオペレータが24時間ログを監視するのも現実的ではない。IBMインターネット・セキュリティ・サービスでは侵入監視センサーを使用しお客様に不正侵入検知のご支援
を行う。

■インターネット・セキュリティ・サービスの優位点
▼マルチベンダー対応
 侵入テストの対象となるマシンのハード、ソフトともにベンダーは問わず、 対応している。インターネットに接続されているマシンなら侵入テスト可能 となる。
▼侵入テストはツールと手作業を併用
 侵入テストに使用するツールは市販のものとIBMのワトソン研究所で開発
 した独自ツール、必要に応じて使用するツールも変更する。またツールで得 た結果を元に手作業でも調査する。これにより特定のツールに依存しない調 査結果を提供できる。
▼メンバーはIBM技術者のみ
 セキュリティの検査結果の情報は重要機密である。お客様の貴重な情報を外 部に漏らさないことが重要である。当サービス作業を行うメンバーはIBM
 社員のみで構成され、元ハッカーを雇用したり外部委託は行わない。
▼米国との連携、セキュリティ団体への参加
 このサービスは元々は欧米でERS(Emergency Response Service)という名
 称で提供していたサービスである。現在、IBMは世界各国でこのサービス
 を提供しているが、各国のメンバーと組織的に連携して情報交換することで 最新のセキュリティ情報を提供可能となっている。またIBMはセキュリ
 ティ団体FIRSTに所属しており、特定ベンダーに依存しない、より広い
 セキュリティ情報を入手している。
 FIRST Homepage:http://www.first.org/
 FIRST Member Team:http:


日本アイ・ビー・エム株式会社
關根 繁樹
http://www.ibm.com/jp/as/security.html

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

    ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

  2. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 5年間に上場企業から漏洩した個人情報、日本人口の半数

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] 5年間に上場企業から漏洩した個人情報、日本人口の半数

  3. ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

    ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. リーク情報:イギリスで政府による国民のリアルタイム監視合法化の動き、BT他キャリア大筋合意(The Register)

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. [セキュリティ ホットトピック] 対策不足 ~ ファイアウォール導入9割超も、WAFは2割にとどまる

  8. ISMS認証とは何か■第1回■

  9. [編集長対談] あえて100点を目指さないプライド、NHN テコラスのセキュリティ脆弱性診断

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×