知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」

2000 年より前に比べて圧倒的に変わったのは、ふだん意識しているか、していないかを別にして、日常生活において暗号が使われる場面が自然に激増したことです。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第7回「PQC(耐量子計算機暗号)を巡る国際動向」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第7回「PQC(耐量子計算機暗号)を巡る国際動向」

 セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第6回「量子コンピュータは暗号を危殆化するのか」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第6回「量子コンピュータは暗号を危殆化するのか」

 セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第5回「暗号の安全性評価」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第5回「暗号の安全性評価」

 ちなみに今、富嶽が上側の緑の右肩上がりの線ですので。「 1,024 ビットくらいは解読できるかもね。だから 1,024 ビットはもう使っちゃいけませんよ」と言うことができるのです。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第4回「選定ルール」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第4回「選定ルール」

セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第3回「リスト入りの基準」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第3回「リスト入りの基準」

セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第2回「三つの暗号リスト」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第2回「三つの暗号リスト」

セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第1回「三つの会議体」 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第1回「三つの会議体」

セキュリティに関わる技術や製品の有効性を、客観的定量的に評価できたら最高以外の何ものでもないが、そこには「どんな事業で」「何を守るために」「どのように運用するか」といった変数が多数存在し、各社千差万別である。

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×