2018年8月のBlack Hat USA / DEF CON | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

2018年8月のBlack Hat USA / DEF CON

2018年8月にラスベガスで開催された世界最大級のサイバーセキュリティ国際会議 Black Hat USA 2018 の現地取材レポートをお届けします

Black Hat USA 2018CLOSE▲

Black Hat USA 2015 / DEF CON 23OPEN▼

Black Hat USA 2014 / DEF CON 22OPEN▼

「日本はプライムターゲット」Cybereason CISO 独占インタビュー 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

「日本はプライムターゲット」Cybereason CISO 独占インタビューPR

Black Hat USA 2018 BusinessHall の Cybereason社ブースに立ち寄り、同社 CISO の Israel Barak氏に話を聞くことができた。

利害調整にとらわれた現状打開の鍵はメガプレイヤーの影響力行使、Black Hat USA 2018 ジェフ・モス開会挨拶 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

利害調整にとらわれた現状打開の鍵はメガプレイヤーの影響力行使、Black Hat USA 2018 ジェフ・モス開会挨拶

8 月 8 日、9 日(現地時間)に、世界最大のサイバーセキュリティ国際会議 Black Hat USA 2018 Briefings が米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・コンベンションセンターで開催された。

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(3)AI・機械学習と自動車 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(3)AI・機械学習と自動車

AI・機械学習を使っていく場合、まず「認知バイアス」に気をつけないといけませんよと。

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(2)CPU とマルウェア 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(2)CPU とマルウェア

今回いつもとは違うところで、CPU 関連の研究発表がいくつかあって、ここを注力してみようかなと思っています。

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(1)日本はグローバルセキュリティ業界のインナーサークルにいない 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(1)日本はグローバルセキュリティ業界のインナーサークルにいない

「そこそこの規模がある国のなかでは日本が一番発表していないかもしれません。数が圧倒的に少ない。」

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×