EMCジャパン(3 ページ目) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

EMCジャパン(3 ページ目)

セキュリティ系の2社がパートナー契約、NTTデータとの連係も視野(NTTデータ先端技術、EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ系の2社がパートナー契約、NTTデータとの連係も視野(NTTデータ先端技術、EMCジャパン)

NTTデータ先端技術とEMCジャパンは、EMCジャパンのパートナー販売支援プログラム「Velocityソリューション・プロバイダー・プログラム」契約を締結した。

ホワイトハットを妨害する5つのテクニックとは--AFCCニュース(EMCジャパン) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ホワイトハットを妨害する5つのテクニックとは--AFCCニュース(EMCジャパン)

EMCジャパンは、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.60」を発行した。トピックとして「ホワイトハットとブラックハットの攻防」を取り上げている。

統合ログ管理機器と連携可能なマルウェア情報提供サービスを開始(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

統合ログ管理機器と連携可能なマルウェア情報提供サービスを開始(EMCジャパン)

EMCジャパンは、マルウェアに感染したコンピュータやマルウェア関連サイトの通信先情報の提供により、情報漏えいリスクを低減させるマルウェア情報提供サービス「RSA CyberCrime Intelligenc(CCI)」を7月2日より販売する。

2012年に予測されるサイバー犯罪「6つの傾向」を発表(EMCジャパン) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2012年に予測されるサイバー犯罪「6つの傾向」を発表(EMCジャパン)

EMCジャパンは、2012年に予測されるサイバー犯罪の6つの傾向を発表した。RSAが有するサイバー犯罪の調査・対策技術を開発するAFCCによる予測をベースに、EMCジャパンが日本市場向けに傾向をまとめたもの。

セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン)

EMCジャパンは、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始する。

ビッグデータを超高速に分析処理する次世代Hadoop「EMC Greenplum HD EE」の販売を開始(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

ビッグデータを超高速に分析処理する次世代Hadoop「EMC Greenplum HD EE」の販売を開始(EMCジャパン)

 EMCジャパンは19日、オープンソース・ソフトウェア「Apache Hadoop」と100%の互換性を有し、ビッグデータを超高速に分析処理する「EMC Greenplum HD Enterprise Edition」の販売を開始した。

全パケット監視、標的型サイバー攻撃をリアルタイム検知「RSA NetWitness」発売(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

全パケット監視、標的型サイバー攻撃をリアルタイム検知「RSA NetWitness」発売(EMCジャパン)

 EMCジャパンは6日、標的型サイバー攻撃をはじめとするセキュリティ・インシデントの早期発見と対策に必要な情報を提供するネットワークセキュリティ・モニタリングツール「RSA NetWitness」の販売を開始した。2012年1月5日より出荷を開始する。

統合的なリスク管理環境を実現するエンタープライズGRCソリューション(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

統合的なリスク管理環境を実現するエンタープライズGRCソリューション(EMCジャパン)

EMCジャパン株式会社は9月13日、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)活動を総合的に支援するエンタープライズGRCソリューション「RSA Archer eGRC Platform(RSA Archer)」を10月3日より販売開始すると発表した。本ソリューションでは、管理ソリューションを

RSA、RSA SecurIDユーザサポートに関する報道内容に対し訂正を公表(EMCジャパン) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

RSA、RSA SecurIDユーザサポートに関する報道内容に対し訂正を公表(EMCジャパン)

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部は6月8日、米国時間6月6日付で「Open Letter to RSA SecurID Customers」において公表した内容に関して、一部事実と異なる内容が日本国内で報道されているとして、事実と異なる部分を抜粋、訂正を公表した。まず「端末4,000万台交換へ」

リスクを判定して認証要素を決定するアプライアンス型認証サーバを発売(EMCジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

リスクを判定して認証要素を決定するアプライアンス型認証サーバを発売(EMCジャパン)

EMCジャパン株式会社は5月10日、認証サーバの新製品「RSA Authentication Manager Express 1.0(RSA AMX)」を同日より販売開始したと発表した。本製品は、ユーザの認証要求を複数の要素で分析してリスクを判定し、認証の可否を決定するアプライアンス型リスクベース認証

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 3 of 3
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×