スケールアウトNASでは業界初のSEC Rule 17a-4対応した改ざん防止機能、仮想化対応機能を搭載(EMCジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

スケールアウトNASでは業界初のSEC Rule 17a-4対応した改ざん防止機能、仮想化対応機能を搭載(EMCジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 EMCジャパンは31日、企業内ビッグデータの保存と管理に対応したスケールアウトNAS「EMC Isilon (アイシロン)」の最新版を販売開始した。「Isilon X400」「Isilon NL400」の2機種となる。

 「Isilon」最新版は、次世代アーキテクチャとして、最新オペレーティング・システム「OneFS 7.0」ならびに大容量ディスク・ドライブを搭載し、ビッグデータの保存と管理に最適なストレージとなっている。「OneFS 7.0」は、セキュリティ、データ保護、相互運用性、パフォーマンスやスケーラビリティを大幅に強化し、改ざん防止機能(WORM)のSEC(米国証券取引委員会)Rule 17a-4対応、仮想化対応(VASAおよびVAAI)など、スケールアウトNASでは業界初の機能を搭載している。また、これまで最大で3TBだったハードディスク・ドライブが、4TBに対応した。

 これにより、これまでメディア・エンターテイメントやハイパフォーマンス・コンピューティングなどの特定分野で主に利用されていたスケールアウトNASが、ファイル共有、アーカイブ、ホームディレクトリ、仮想環境の共有ストレージなどの一般的なNAS用途で使用可能になっているとのこと。

 価格はIsilon X400が14,457,200円:144TB(4TB x 36)、Isilon NL400が11,362,200円:144TB(4TB x 36)。Isilonサポート契約済みの場合は、無償で「OneFS 7.0」にアップグレード可能。

EMCジャパン、スケールアウトNAS「Isilon」最新版を販売開始……OneFS 7.0を搭載

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×