セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2020.01.19(日)

セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン)

EMCジャパンは、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は1月30日、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始すると発表した。また、全シリーズについて価格を下げる価格改定を実施する。同製品は、情報インフラを構成するさまざまなシステムやアプリケーションのログを収集、圧縮した上で保存し、一元的に統合管理するアプライアンス。

新バージョンでは、仮想化環境下での運用をサポートし、管理性を向上した。また、収集データのエクスポートが容易になったことで、サードパーティ製のデータベースやレポーティングツールとの親和性が向上、データの運用性を高めた。価格改定では、幅広い活用を促進するために製品価格を従来から約30%から50%下げ、より導入しやすい価格に改定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×