セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

EMCジャパン株式会社は1月30日、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始すると発表した。また、全シリーズについて価格を下げる価格改定を実施する。同製品は、情報インフラを構成するさまざまなシステムやアプリケーションのログを収集、圧縮した上で保存し、一元的に統合管理するアプライアンス。

新バージョンでは、仮想化環境下での運用をサポートし、管理性を向上した。また、収集データのエクスポートが容易になったことで、サードパーティ製のデータベースやレポーティングツールとの親和性が向上、データの運用性を高めた。価格改定では、幅広い活用を促進するために製品価格を従来から約30%から50%下げ、より導入しやすい価格に改定している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×